【豚かたまり肉レシピ】トロトロ煮豚 by 塩麴

【豚かたまり肉レシピ】トロトロ煮豚 by 塩麴 post thumbnail image

ととめし。です。

箸で切れるほど柔らかくなる煮豚(チャーシュー)のレシピです。

豚かたまり肉を一晩塩麴に漬けておき、焼いて、煮る」の3ステップで、お手軽においしい煮豚(チャーシュー)が作れます。
我が家では、子どもたちがもう奪い合うようにパクついてくれる大人気メニューの一つです😄
【番外編】煮汁でチャーハンや焼きそばの味付けも!!

※ 当ブログ(ととめし。)は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています 。

①材料(2~3人分)

材料分量
豚塊肉
肩ロースがあれば)
500g
塩麹大さじ2
☆酒大さじ3
☆しょうゆ大さじ3
☆みりん大さじ3
☆ショウガ
(チューブ)
小さじ1
☆ニンニク
(チューブ)
小さじ1
☆砂糖
(てんさい糖)
小さじ1
☆水100ml

②ポイント

常温☆

豚かたまり肉は、調理を始める前に常温に戻しておきます。

塩麴を落とす☆

塩麴、焼くときはとても焦げやすいです。
なので、豚かたまり肉の表面を焼く前に一度流水で塩麴を落とし、キッチンペーパーで水気をよくふき取ってから焼くようにします。

トング☆

豚かたまり肉、重いので焼くときに菜箸だとつらいです。トングを使っています。

ご紹介


煮豚(チャーシュー)をするときよく使うのは、エバークックさんの取っ手の取れる鍋です。

ポット鍋(20㎝)が500gくらいのお肉にはちょうどいいです😄


我が家ではこちらのトングを使っています。
以前はFrancFrancで10年以上前に買ったものを使っていてとても気に入っていたのですが、残念ながら老朽化で更新をしました。

こちらも(大体そうかもしれませんが)開閉ロックの仕組みが同じ(つまみを引っ張る)でとても気に入っています。

③作り方

  1. 豚かたまり肉+塩麴+一晩

    ビニールの保存袋に、豚かたまり肉と塩麴を入れます。少し揉むように全体にいきわたらせたら、半日~1日冷蔵庫で馴染ませます。
  2. お肉を常温に戻して焼く

    冷蔵庫から出したら、ビニール袋から取り出し流水で表面の塩麴を落とします
    キッチンペーパーでよく水気をふき取った後、常温に戻します。

    豚かたまり肉が常温に戻ったら、お肉の全ての面を中火🔥で焼き固めます。
     
  3. 合わせ調味料を入れて煮始める

    ☆の材料を全てボウルに入れてよく混ぜた後、一度弱火🔥にして鍋に注ぎます。
    注いだら中火🔥に戻してからひと煮立ちさせます。
    そのまま5~10分程度ほど煮たら弱火🔥にして煮込みます。
    ※注ぐ際は跳ねに注意してください。
  4. 落し蓋+煮込む

    豚かたまり肉に落し蓋をした上で、各面をひっくり返しながら10分ずつ、計40分じっくりと煮ます
    火が通ったかは、菜箸を刺したところから透明の肉汁がでるようになるのを目安とします。

  5. 完成

    鍋に入れたまま粗熱が取れたら、薄めにカットして盛りつければ完成です。
    ※大人はからしやワサビをつけてもおいしいです😄
  6. 番外編

    じっくりと煮込んだ煮汁はうまみたっぷりでとてもおいしいです。
    チャーハンや焼きそばの調味料としても使えます!!
煮豚(塩麴でトロトロに柔らかくなってます)

完成です😄
お疲れさまでした!!

読んでいただきありがとうございます!
ととめし。でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)